長い目で見るとマンションを一棟買いするのがベスト

家賃保証で安定収入

部屋

その仕組みとメリットとは

不動産投資は安定的な収入が期待されますが、それも絶えず入居者があるという前提の上での話になります。入居者が中々埋まらずに不動産経営を継続することが難しかったり、遠方の物件を所有していて中々物件の確認が難しいといった場合にはサブリース契約という方法もあります。サブリース契約とはいわゆる不動産の又貸しのことです。自分の収益物件をサブリース会社に貸して、そのサブリース会社が入居者を募って転借するという契約形態です。サブリース会社に手数料として10%から20%ほどを払うことになりますが、物件管理から入居者募集まですべて管理してくれて受け取る家賃も保証されます。この家賃保証とは例えば入居者が家賃を滞納しても、入居者が決まらずに家賃収入が入らなくてもそのリスクは全てサブリース会社が負います。よって面倒な家賃の集金はもちろんのこと、滞納された場合の家賃の回収まで全てをサブリース会社が請け負ってくれます。また確定申告をする際、通常の管理ならば各部屋の入居者ごとに家賃収入に関する情報を申告しなければなりません。しかし、サブリース契約ならサブリース会社との単独契約になるので面倒な部屋ごとの個別申告が不要になります。さらに家賃が保証されているために金融機関などから投資用住宅ローンやアパートローンを利用する際に融資が受けやすくなる傾向にあります。これはより少ない資金で不動産経営における投資効率を考えた場合はとても有利です。